1. Top » 
  2. ベルリンジオラマ » 
  3. 傑作フィギュア
google

傑作フィギュア

409 フィギュア工作

最近はフィギュアばかりいじっていて、数体並行して進めているのですが、
昨日おとといの記事に出てきたロシアンタンククルーは
肩にパテをまいたところで硬化待ちです。
409 自作ロシアンタンククルー

シワのつけ方が今ひとつですね。
そうしたシワのつけ方は、実際の写真や自分の服から学ぶこともあるのですが、
シワの付き方の良いフィギュアがあると、とっても嬉しくなっちゃいます。

それがドラゴンのグルジア降参兵です。
No6277 GEORGIAN LEGIONというのが正しいのかもしれません。
409 グルジア部隊
下手なレジンフィギュアよりもずっとシワの付き方が考えられています。
体をひねることで生じるシワが、逆に体の流れをアピールしている傑作だと思います。
襟や裾、ボタンのベロやベルトなど別パーツになっているところは彫り込んでいます。
両手の付け根はまだパテ埋めなどしていませんが、じっくりとやっていきます。
409 DML No6277

でもなあ。グルジア兵の降参ポーズが傑作でも、使い勝手は良くないですねえ。

ロシアンタンクライダースのひとりは、工作ほぼ終わりかな。
409 ロシアンタンクライダー

ミニアートのヘッドを持ってきて口元を笑わせたのですが、荒れていますね。
丁寧に直してあげなくちゃ。
関連記事

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://warenabe.blog10.fc2.com/tb.php/1928-a660039a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析