1. Top » 
  2. 2014年01月
google

コペン

002_201401312302137c9.jpg

自転車はようやく完成
乾燥させている間にこんどは赤い方のハンドルを折ってしまったので
とっととタッパーに入れてしまいます。

八百屋にしたいクルップは未だにダボ穴を伸ばしランナーで埋めています。

001_20140131230211e6c.jpg

明日には塗装に入りたいのですが、

手持ちぶたさなので
手近にあるものにサフを吹いたりしていました。

003_2014013123021413e.jpg

さて、来月にはタミヤからコペンのミニ四駆がでます。

top600.jpg

ヘッドライトとフロントガラスは透明にして欲しかったなー。
足回りは何とかするから~。
そうすれば1/32のコペンがゲト出来たのに。

もうひとつ来月発売で気になっているのは
タミヤモデリングブラシの平筆です。

ナイロンじゃない平筆って意外と良いのがないのでちょっと期待しちゃいます。



関連記事

飛行機予約


エゲレスチャリはランナーから外して、組み立ててこれからゲート跡の塗り直しです。

051_20140130233005b1b.jpg

タミヤの空挺チャリは蝶ネジがついていないので、
折り畳み感が強くなくてキュートな感じでかわええです。

折りたたむとこんな形。

053_201401302330073bd.jpg


こちらもゲート跡などこれから塗ろうと思ったら

「ぽき」

ペダルが取れました。

ぐすん

さて、静岡への飛行機が予約出来ました。

FDAのほうが安いとの噂もあったのですが、
発着時間が合わないのでANAにすることにしました。

静岡への気持ちがじわじわ高まってきましたよ。
関連記事

1/35ナスホルン

タミヤがついに1/35でナスホルンを発売するようですね。

タミヤのHPで発表になりました。
(最近タミヤのHP重たくてなかなか開きませんね)

今まではニュールンベルグトイフェアと言っていたものが
シュピールバーレンメッセと呼ぶことに変わったのですね。
ややこしや。

タミヤで発売する前に、以前買ったドラゴンのナスホルンを完成させようかと

001_20140129221920ca7.jpg

箱を開けてみると、足回り以外はほぼ出来上がっています。

002_201401292219224bd.jpg

基本塗装もざっくりと出来てますね。

でも、これの完成品がほしい気持ちになれません。
もう少し熟成させましょう。

今頃タミヤから35ナスホルンって言われてもピンと来ないですねえ。
48ならちょっと興味あるけど。

48といえば1/48のドイツ軍サイドカーも同時に発表になっています。

こちらのアイテムも数年前は欲しかったけど
今はもうそんな細かい物作れないからもういいや。

今は少し前のタミヤのゆるいキットをゆるく作るのが楽しいです。

クルップの次はホルヒなんかもいーなー

でも、手が動いているのはエゲレスチャリへの色塗りです。

003_20140129221923ca6.jpg


赤いところをちゃんと赤く、黒いところをちゃんと黒く塗る

たったそれだけのことがなかなかできなくて凹みます。

関連記事

大西画伯

002_20140128225352eb4.jpg

先日タミヤのイギリス空挺兵自転車セットを買いました。
ダイオパークの同種アイテムよりも安く変えたのでラッキーです。

このキットでまず感動したのが大西画伯のボックスアート
特に顔の肌色の表現です。
白人のピンク色の透き通った肌色が絶妙に表現されています。


これまでは茶系の濃淡で表現されることが多かったのですが、
004_201401282253562b7.jpg

(例 ドイツ軍用オートバイ野戦伝令セット 箱絵)

血の通った肉の色になっています。

003_20140128225354a79.jpg


でも、これをそのまま真似するとちょっと危険なのは

光の当たり方

ふたりとも手は上から光があたっているのですが、
顔だけは斜め下から、
レフ板で光を当てたように光を受けています。

005_201401282253579ea.jpg


安直に立体に真似ると少し違和感があるかもしれませんね。

自転車はこれも民生仕様に塗るつもりです。

006_20140128225358323.jpg


大西将美画伯の原画からの画集欲しいなあ。

せめて原画を見たいです。

ホビーショーで見られないかしら。







関連記事

XLR250完成

127 (2)

昨日から手を付け始めていた1/35陸自バイクですが、
民生バイクにしたくって塗装を替え、
適当なデカールを貼って完成です。

かっちりした出来のキットでノンストレスで作れました。

赤ラインは「おおすみ」のウォークラインのデカール

GTRと「53」はアリイのスカイラインのデカール

127 (3)


車体後方の「ARM」と「ATO」はタミヤのカーロアルマートの題字
アルマート ARMARTを2つに切ったものです。

127 (4)


晴れの太陽の下でもう少しチェックしたほうがいいかと思いますが、
ジオラマの中の一つなのであまり突っ込みません。
むしろもう一つ2つ作りたいくらいです。

その前にクルップだ

関連記事

屁理屈

男だったら一つにかけろ♪と舟木一夫も歌ってましたが

今日はスピットの筆塗り一本で行こうかと思ってました。

014_20140126225412625.jpg

この筆塗りが楽しくてしょうがありません。

仕上がりは絶対にデカールの方がいいに決まっている国籍マークも塗り始めてしまいました。

そう、他には手を付けてはいけないと昨日決めていたのです。

でもー

決まりってぇのは破るためにありまして(笑

タミヤの陸自バイクが気になって

015_2014012622541527f.jpg

民生のオフロードバイクにする仕様で作り始めてしまいましたw

016_20140126225415466.jpg

出来の良いバイクで色違いで何台か持ちたいくらいです。


関連記事

禁則事項


かる~い気持ちでスピットの筆塗りをしましょうかと考えて

001_20140125232217df3.jpg

裏まで塗り始めますとコテコテと凝り始めてしまい

002_20140125232219749.jpg

ついでだからと塗り始めたワイルドキャットもハマりだしてしまいました。

003_2014012523222031c.jpg

こういう塗り方で大きい飛行機をゆっくり塗りたいなあなんて思いはあるのですが
なにせ多方面戦争で、戦線が拡大しすぎているのでコレ以上は無理です。

004_20140125232222798.jpg

八百屋さんの建物も
クルップボクサーも
エアフィックスのホークも
フランケンも
寒雀も

やらなくてはなりません。

ふう。

どれか一つに絞るのは難しいから

明日は手を付けない!とするものを決めなくては。

うーん、とりあえずはホーク、ワイルドキャット、クルップは明日は禁止だな。
関連記事

エアのスピット


昨日買ったエアフィックスのスピットファイアー

エアのマーク5を私が作るのはこれで4機目でしょうか
以前作ったものに比べて肌荒れ具合はびっくりするほどひどい状態です。

どんどん接着ガシガシ隙間埋めでとにかく士の字になりました。

こんなことくらいで消えるリベットや埋まるスジボリなんて
所詮その程度のやつだったんです。

ついてこれない奴はついてこなくていいんです。

エアのスピットにナニ熱くなってるんでしょうか(笑

フィギュアの出来がいいのも早く作れる大事な要因ですね。

002_20140124225634d6b.jpg

まあ何度見てもエアのスピットはフォルムが美しいこと。

隣にあるついでに一緒にサフの筆塗りをしたワイルドキャットのカッコ悪さが際立ちます。

それだけにワイルドキャットは逆にシャークマウスなんかが似会うんですよね。

エアつながりのHAWKは白部分の塗装にインシグニアホワイトを吹いたら
思いの外濁っているので明日白の塗り直しです。

001_201401242256377d3.jpg


昨日買って今日作ってプラモデル欲に火が付いちゃって
ついついあれこれポチってしまいました。

早くクルップジオラマ仕上げなくちゃー


関連記事

旧金型

今日は神奈川から帰省中のお友達を迎撃。

付き合って模型屋さんでエアフィックスのスピットを買ったのですが

018_20140123230235643.jpg


肌荒れのひどい凸モールドの旧金型でした。

012_20140123230238b3c.jpg

やられた

020_20140123230235090.jpg


うむむ40年前のキットかー。
箱絵がカッコいいので箱絵代と思うことにしましょう。

八百屋さんは仮の採寸中。

017_201401232302320a5.jpg


ついにマークⅥはアフリカ仕様が発売ですね。やったー


関連記事

光硬化パテ


歯医者さんでは詰め物を紫外線を当てて硬化させます。

モデラーさんならご存知、光硬化パテですね。

この紫外線は目に良くないので
歯科のスタッフさんも時折目をそらします。

122 (4)

でも、嫌われてるみたいで寂しいですw

歯科の往復の道、今日も雪がたくさん降りました。

車道も片側二車線の道は一車線まで狭くなってきていまして、
ロータリー排雪が入っていました。

122 (2)

コレが入るとかなりスッキリしますが、雪はまだまだこれからです。

122 (1)


クルップボクサーは武器や斧をつけるダボを伸ばしランナーで埋めて

122 (6)

サフを吹いたり塗ったりでした。

122 (5)

関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析