1. Top » 
  2. 2010年10月
google

南恵庭駐屯地祭

南恵庭駐屯地祭

今日は南恵庭駐屯地創設58周年、北部方面施設隊創設2周年記念行事に行ってきました。
この駐屯地は特殊車両が豊富なことが特徴になっています。
先ず最初に迎えてくれたのが装甲ドーザー
輸送時には幅広のドーザーをすぼめます。
1031 装甲ドーザー

そして秋と言ったらマロン(栗)です。
男のロマンはドリルです。
そう、トンネルを掘るための機械、坑道掘削機!
1031 男のロマンはドリルです

私が一番萌えたのは実はドリルじゃなくってこの操縦席でした。
1031 萌える操縦席

レバーがいっぱいで、ボタンがいっぱいで、コードがいっぱいで、ああ、もうダメ(笑)。

他にも浮橋関係の車両があったり
1035 うきはし

1031 浮橋の橋


水際地雷敷設車もなまらイカス。
1031 水際地雷敷設車

後ろにはスクリューがあって、もちろん水上も進んじゃいます。

そして駐屯地の花形90式戦車。
1031 90式戦車

観閲行進の時は触れそうなほどの間近を爆進し


試乗の時は紅葉の中をひた走ります。

信地旋回も迫力です。

もう一つ試乗できたのが96式装輪装甲車。

音も静かでサスペンションも柔らかく軽快です。

他のどの駐屯地よりも長い距離を乗せていただけます。
とても満喫させていただけました。

南恵庭にお邪魔したのは初めてですが、
比較的お客さんも少なく、とてもおおらかに楽しい時間が過ごせる駐屯地祭でした。

現地ではMMDのHoodさんにもご挨拶いただき、お元気そうなお顔を拝見できて嬉しかったです。

これで今年の駐屯地巡りもおしまいとなりそうです。

来年も楽しめるといいな。



関連記事

あしたはWINK?

あしたはハロウィンですね。
ハロウィンをモチーフにしたプラモデルのボックスアートで私が持っているのが、
スイートのゴーストファイターズFM-2です。
1035 ゴーストファイターズ

これは大戦中の戦闘機をレストアしてエアショーなどで活躍している飛行機をプラモデルにしたもので、当時の飛行機が今に蘇ったところからゴーストファイターと銘打たれ、
死者の復活からハロウィンを連想して描かれたものだと思われます。

実はこの箱絵も私の心を打ち、こういうデフォルメワイルドキャットが欲しい思いから、
タミヤのF4Fを切り刻んでつくってみたことがありました。
1035 SD F4F
でも、全然デフォルメ感が出てこないので、この状態でお蔵入りとなりました。
その時の経験が今のデフォルメゼロ戦に生かされている、と思いたいのですがw。

さて、ハロウィンといえば私が思い出すのはアイドル歌手のWINKです。
淋しい熱帯魚のなかでHeart ON WAVE♪と歌っていたのが「ハロ~ウィーン」と聞こえていたのです。
1035 ハロウィン

お菓子くれなきゃいたずらしますけど、
コレステロールが高いので、
くれるお菓子は低脂肪減塩のものにしてね。トホホ











関連記事

ステインでは無理。

1029ゼロの裏

ゼロ戦の裏面の塗装はかなり大雑把ですが、塗り終わり、あとはつや消しを吹けばいいでしょう。
オモテの緑を塗りこんで、カウルやキャノピー、猫田君を塗ってしまえば完成になります。
1029 次は緑

そろそろベースも並行して作業を進めましょう。
100均で買ってきた、きの小箱をひっくり返してスプレーを吹きます。
1029 ステインでは無理。

おかしいなあ、何度吹いても艶が出てきません。
今、ブログのための写真をとって初めて気が付きました。
「ステイン」と書いてあります。
ニスじゃなければツヤは出ませんね。
ニスのスプレー買ってこようかなあ。
でも高いんですよね~。

ハケ塗りでよければうちにニスはあるのですが、一度作業を終えるたびに刷毛がニスで固まってしまいます。
そういうものと割りきって作業したほうがいいものができるのですが、
貧乏性に付ける薬がほしいところです。

関連記事

「星くん」じゃないの


雪も降ったことなので、庭に植えっぱなしになっていた人参をすべて掘り返しました。

1028 庭の人参

豊作でごあす、星くん
星くんじゃないの、おとしぶたです。

あまりに放置してあったので割れてしまったものも多く、
間引きもろくにしなかったので小ぶりで捨ててしまったものもたくさんありました。
5月の静岡、6月のAFVの会、8月のHMEのたびに模型で追い込まれて、
畑どころじゃなくなっていたところがイカンです。
来年はもっと落ち着いて畑いじりをしたいなあ。
ともあれ一年目にしては上出来です。

ゼロ戦は尾翼に文字を書き込みます。

書き込みたいところの下に、お手本に貼ったデカールを見ながらラッカーの白で描いていき、
1028 ゼロ戦尾翼

少しはみ出し気味に白で塗りつぶし、
1028 尾翼白塗り

さらに黄色で塗りつぶし、
1028 黄色塗りつぶし

濃い緑で縁取りをして
1028 おしまい

デカールを剥がしたら出来上がり
なのですが、文字が上すぎましたね(笑)
そもそも文字もちょっとゆるいけどOKですw。

そろそろ緑の部分の塗りこみに入ります。
関連記事

白地に赤く

プリンターのインクがきれてしまったので(2セット目)近場の家電量販店にいってみると、
欲しかったTVがネットよりも安くなっていました。
あ、良いじゃん買おうかなと思って店員さんに聞いてみると
「只今このサイズの商品人気でございまして2~3週間待ちになっております。」
なにやらエコポイントがらみで超繁忙中らしく、
諦めて帰宅するとネット価格が昨日よりもかなりこなれていて、
しかも在庫があるとのことでポチッとな。
1027 白地に赤く

ゼロ戦の方は昨日貼ったデカールをマスキングテープでぺろりと剥がし、
テンプレートのおける主翼はテンプレで円を書き、
テンプレの入らない胴体はデバイダで円を書いて中を筆で塗りつぶしています。
かっちりとした真円じゃないけど、それでいいのだあ。
1027 日の丸染めて

なんで胴体の塗装も中途なのにマーキングを始めたかというと、
どうせ赤く塗るところを緑色の起伏をつけて
丁寧に塗りこんでいく手間がもったいなかったから
だったりします。
関連記事

プリントで多忙

先日の絵の教室の展示会の作品を収めたデータを、他の生徒さんたちのためにプリントアウトしなくてはならないので、結構忙しいです。
A4光沢紙に「綺麗」モードでガンガン印刷していくと、インクが湯水のように消えていきます。
1026 零戦

時間をやりくりしながらゼロ戦はデカールを貼ってみました。
1/48のタミヤのゼロ戦のデカールをそのまま貼ったのですが、ちょっと大きすぎますね。
かわいらしさはUPするのですが、日の丸はもう少し小さく筆塗りしてやりましょう。
1026 零戦デカール

関連記事

どうしよう

昨日コメントで教えていただいたのですが、エクセルホビーの模型コンテスト、フリーの部で銅賞に選ばれました。
昨年の静岡向けに作ったもので、HMEでも晒したものでしたので
参加するためのパスポートみたいな気持ちで棚に置かせていただいたものでしたので、
賞をいただいてしまって大変恐縮しております。
投票してくださった方、どうもありがとうございます。
さてさてお店のブログを見ますと、キャラクター部門ではお友達のトーマスさんが銅賞に入選してらっしゃいます。
スケール部門ではやはりお友達のプラモ人さんが同じく銅賞に入選です。
知り合いがみな入選しているのは嬉しいですが、みな銅賞というのもいい塩梅ですw。
三人で「どうしよう?ブラザース」として売り出しましょうかw。

エクセルさんの話をしておきながら不義理なのですが、
平岸の模型屋さんでロッシのバイクのディテールアップパーツを買いました。
1025 ロッシのディテールアップ


他のバイクのディテールアップパーツが1800円くらいだったのに比べて、1400円とちょっとお安くなっているのは嬉しいですね。
それに合わせて少しだけでも進めようかと思いましたが、
工作、塗装、デカールをパーツごとに進めていかなければならないバイク式プラモ工作を始める気分になれず、
折角買ったディテールアップパーツは溜息と一緒に箱の中にしまっておきました。

ゼロ戦は遅いですが塗っています。
ラッカーを塗りこんでいくとテカリが出て見難くなって困りますです。
1025 テカテカゼロ戦

DVDレコーダーとつなぐ予定だったPCモニターは相性が悪くて映らず、
結局はテレビを買わなければならないようです。
関連記事

弟子入り志願

昨日は北海道の絵画の公募展「道展」をみてきました。
お客さんが多いのに驚きましたが、純粋に見て楽しいと感じられた展覧会でした。
絵をかくモチベーションが上がったので、絵の題材を求めてさまよいます。
あちこち歩いて中島公園まで来てしまいました。
1024 中島公園

中島公園の池には鴨がいるのですが、
そのカモを見つけた小学3年くらいの女の子5人組が、
ダッシュで池の柵まで走って行ってカモに向かって大きな声で叫びました。

「かも、カモ~ン」

凄いダジャレだ(汗)
脱力感から両の膝から崩れ落ち、体を支えんと両手をついて気がつくとこれは土下座。
心では認めていなくても体が望んでいるのだな。

「弟子にしてください!」

小学生に大きな声で哀願せんとする口をなんとか抑え込んだ秋の昼下がりでございました。

それにしてレベルの高いダジャレだ。
英語と日本語をかけるとはw。

ゼロ戦は裏面を塗っています。
ラッカーの筆塗りでやってます。
1024 ラッカーの筆塗りでゼロ戦です。
関連記事

もみじ台のもみじ

私の住む街は「もみじ台」という名前が付いています。
いつもは意識したことがないのですが、今の季節になるとなるほどと思わせられるくらい、街路樹が綺麗な紅葉を見せてくれます。
1022 もみじ台のもみじ

先日の絵の展覧会の時に描いた桜のような絵を、この紅葉で描きたいな。

絵といえばちょうど道展が来ているはず。
明日行ってみようかな。

最近はプラモ熱よりも水彩熱が高めですね。

そんな時期もありますが、暖かくお付き合いいただけると幸いです。

熱は低くても今日もゼロ戦を触っています。
1022 低くてもゼロ戦

缶スプレーで緑を吹きました。
これで十分かもー、なんて思ってよく見ると
缶スプレーは飛沫が大きいですね。
1022 飛沫が大きい

やっぱりここからコテコテと塗り込まなければならないようです。
マーキングも筆塗りかな。
関連記事

首に差込口

今日はDVDレコーダーの到着する日。

早速テレビと繋ぎましょ、とテレビの裏を見たらジャックをさしこむ形じゃなくて
古い形のねじった針金をねじで止める形でした。
どんだけ古いんだと文句を言いながら
DVDレコーダーを眺めているとHDMI端子があるのでPCモニターでも行けるかも。
大至急アダプタを楽天でポチッとな
二三日後には見られるようになるでしょう。
それまでどうしよう。
攻殻機動隊の草薙大佐みたいに首の後ろにジャックがあれば、
差し込んでテレビが見れるかも。
1021 首にジャック

さて、ゼロ戦の方ですが、キャノピーを瞬着で仮留して、ポリパテで段差を埋めます。
1021 ゼロ戦ポリパテ
こうして見ると、新たに作った中央のスライドする天蓋パーツはない方がゼロ戦らしく見えるような気がするんですけど、どう思います?
やっぱり、あったほうがいいでしょうか?
1021 無い方がいいんじゃないかと
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析