1. Top » 
  2. 2009年11月
google

チャイカを呼び出し、えーんがちょ

フィン空のバッファローを作っていてイメージが広がってきたので、
30年ほど前に作ったエレールの無塗装のチャイカを棚から引っ張ってきました。
チャイカ
(原因不明の画像のゆがみです、ごめんなさい)
かなり激しくウエザリングが施されていますね(自然に)。
これは本当のエイジング表現ですw(ただの放置)。

敵機もそろったので模型製作のお約束、空中戦の始まり始まり
空中戦
机の下
あった?

蟲に触った






いまだに指に感触が・・・



ホビーマスター 1/48 HA7009 B-239 ブルーステル"フィンランド空軍"

関連記事

バッファロー士の字で怒られるか?

フィンランド空軍バージョンのバッファローはもう士の字になりました。
フィンクウバッファロー

細かいパーツのつけ忘れがありますが、細かいから忘れます。
主翼の付け根やカウル前縁に隙間が出来ますが、気のせいです。
明日は少しパテ盛りしましょか。

それでもⅢLの完成前に他のものに手をつけて、怒られちゃいますね。
太ももに怒られる

赤いプルトニウムの太ももにだったら怒られてもいいですぅ(爆)


フィンランド空軍第24戦隊



なまら模型工房にデマグジオラマUPしました。
関連記事

フィン空戦闘機隊

あきみずさんに教えていただいたので、早速フィンランド空軍戦闘機隊という本を昨日借りてきました。


気温は低いけど自転車で何とかなるかと思ったら
もう自転車無理

北風に向かって自転車を漕ぐと気温5度であっても、
体感的にはマイナスになるわけで、
涙も鼻水もアクセル全開
向かい風のせいで涙も斜め後ろに落ちます。
怪しいものではありません

まだ、ちらとしか読んでませんが、いきなり空戦の話に入るので、
先日読んだ北欧空戦史で政治的流れが頭に入っていてよかったと思います。

そうして上がったフィンランド空軍へのモチベーション
早速空飛ぶビヤ樽を作ろうかと思っています。

» 続きを読む

関連記事

T4とヒートペンフィギュア

ターミネーター4をDVDで見ました。

画像は良い出来ですが、主人公がぶれて
あるときはジョンコナー、
あるときはカールリース(ベンジョンソンは出てこない)
あるときはマーカスライト、
誰が主人公なのかわからなくなります。

そのあたりがぶれてくると、ジョンコナーとカールリースの役回りがこんがらかってきます。

そもそもジョンコナーはいろいろな人がやってるのが混乱のもとで

今回はこの人ですが
T4 ジョンコナー

この人だったり、
20090112004937s.jpg

このひとだったり、
A0000503-29.jpg

このひとだったり、
1245150692.jpg



お笑いの超新塾だったらこんなこと言い出しそう。
超新塾

ともあれ、画像はすばらしいし、出てくるメカもかっこいいです。
あとで もっかい見よっと。

模型のほうはといいますと、

» 続きを読む

関連記事

「おしろい」と「ねこ」

黒猫が前を通ると・・・

ちょうど進路をさえぎるような、まったりとしたペースで道をふさがれまして
うるさいなあ、いまどけるよ

かわいいので声をかけてやりました。
第二次リーマンショック

猫のほうもすぐ横の塀の下に座りましたので、私も自転車を止めてその隣に腰を下ろしました。
それでも猫もどこかに逃げるわけでもなく、じゃれてくるわけでも甘えてくるわけでもなく、目を細めてひなたぼっこをしています。
結局は数分後私が立ち上がるまで、時々「にゃー」といって相手をしてくれました。

さて、製作中の戦車のビネットですが、

» 続きを読む

関連記事

北欧空戦史

いまさらながらではありますが、北欧空戦史を読み終わりました。


第二次世界大戦当事におけるノルウェー・フィンランド・スウェーデンの空軍の戦争の記録です。
フィンランドとソ連が戦っていたのは知っていたのですが、
それは言い換えると枢軸VS連合で、フィンランドはドイツと手をとり、イギリスと戦ったということだったんですもね。
フィンランド対イギリスというのはイメージできておりませんでした。

フィンランド対ソ連の空戦当初においてフォッカーD21が活躍したと読み、PMの72を作りたくなりましたがキットは行方不明です。

さらに読み進むとMIG3は速度は速いが撃たれると燃え易くて、機銃が寒さで故障しやすく、閉鎖風防の嫌いなソ連パイロットはむしろI-16を選んだというのも興味深かったです。

カプロニ軽爆をフィンランドがイタリアから購入するとき、外貨がなかったので干鱈と交換だったというのもウソみたいな話ですね。
バッファローだぜバッキャロー

フィン空の機体は塗料の剥がれが激しいですわい。

今日は一晩、箱の開け閉めで楽しみます。
あけしめしめ
関連記事

ミイラ取りがぼーぼーに

このところの朝晩の冷え込みはマジで冬の寒さなわけで、
頭が寒い

髪がベリーショートな私にとって夜寝ていて困るのは頭の寒さだったりして、
これは寝ている部屋を変えるべきかもと思い立ち、
ベッドを置き換えるほどの大幅な模様替えを計画するにいたるのですが、
まずは本の整理が必要になり、
要る本と要らない本を選んでいると
ミイラ取りがミイラになる

きっちりとお約束のミイラ取りがミイラになってしまっただけで、
明日の朝も頭の寒さで目が覚めることが決定された今日の午後

昨日は夜更かしをしながら3号戦車L型ビネットの草を植えていました。

» 続きを読む

関連記事

例会とつや消し

昨日はマサさんのお宅にお邪魔しての例会でした。
マサさん邪魔しました。お暇のご挨拶も出来ずに失礼しました。またお願いします。
あたかもこういうキットがありそうなすばらしい出来の250はドーラさん作、
左手黒いぞドーラ

見事な冬季迷彩はなんと水性の修正液(今はもう売ってないそうです)を使った、ノースドーさんの作品、
ノースドー修正液

そしてシーモンキーさんは丁寧な工作と筆塗り独特のしっとりした半つやが素敵なマーダー3を持ってきてくださいました。
初参加は楽しめましたでしょうか。
シーモンキーさんのマーダー3

そして、いい具合に沈んだ色合い、いい塩梅の半つやのシトロエンはBeagleさんの作品です。
セラムシトロエン

個人宅での例会は時間制限がない分ゆっくり出来ていいのですが、遅くなりすぎて私が帰宅したのは真夜中でした。
次からはもう少し早く帰ります。

» 続きを読む

関連記事

フィギュア始めました。

緊張の夏、ロシアの夏

三号戦車はお手軽に行きたかったのですが、タミヤのフィギュアは今回はマッチしなかったので、エポキシパテから自分でひねってみることにしました。
どうなるかと思いましたが、何とかいけそうです。
この段階ではまだ首あたりは筋肉の筋まんまで少々気持ち悪いですね。
エポキシパテの速硬化タイプを使っているのですが、硬化を待っていては作業がはかどりません。
ドライヤーであぶっても硬化は知れていますし、焼成用のレンジなんて持ってません。
でも、明日は雪の予報も出ている北海道ではストーブは必需品。
先日掃除して快調な石油ストーブの隅っこにおいてみます。
あっちちだあっちち

画像真ん中のごみみたいなのがこのフィギュアですが、ここの部分は素手では触れないほど熱いけど、ものが焦げるほど高温ではないので、硬化促進には最高です。
大体5分ほどで追加のパテ盛りが可能になります。

そうして薄手の夏服のシャツに近づけて行きます。
きれいになるところまで行ったら、しわをつけて、襟をつけるつもりです。
曲 日野てるまさ 詩 松本隆 歌 松田聖子

» 続きを読む

関連記事

モトタグセットはほしいな

久しぶりにタミヤのHPをのぞいたら、軍港情景基本セットなんていうものが出るのですね。鉄骨だけ安く売ってくんないかなあ。来年の静岡でチェックだな。

さらにみていくと、アメリカ海軍航空隊パイロット・モトタグセットの画像も出ていました。
モトタグ

これはディテールも良いし、たぶん大きさもちょうど良いのではないでしょうか。
アーミーに改造する種としてもよさそうです。
いやもちろんそのままも作りますよ。
「車道でメンコをしている子供たちのジオラマ」みたいなw

48のコンテストも田宮の新橋店でやったんですね。
札幌でも48コンペやってほしいなあ。

ついでにいろいろうろついてきたのですが、鋭い方たちからすれば今更でしょうが、
「神創り」さんのアメリカライトガードセットが気になりました。
手にしてみたいです。

私の3号L型は、きょうはパステルワークをしました。
乾燥してから付けすぎたパステルをこそぎ落とすときに、無線主の機銃もどこかに飛ばしてしまいました(汗)
ジャンクパーツからなんとかしますが、めんどくせー。
3Lパステル

なんか今日は小学生の作文テイスト炸裂ですね。
頭がそんな状態なのでしょう。
勘弁してください。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析