1. Top » 
  2. 2009年04月
google

リモートウェポンステーション

今日も地球連邦61式戦車であります。
砲塔ラックの工作も終わったので、残すところは車外機銃です。
この機銃はディテールはとんでもなく素晴らしいのですが、
それを砲塔に乗せてしまうとなんだかなあ。
61式 車外機銃
キューポラ上の機銃は良いとして問題は後ろの枠の上の機銃。
どうやってつかうんでしょ。
後ろから敵が来たとき?
わざわざガードのないところで撃つですか?
ジョーじゃあるまいし。
そんなわけで、キットに含まれていた機銃はまたの機会に使うことにして、
今回はAFVクラブのM151 REMOTE WEAPON STATIONを使うことにします。
AFVclub M151

» 続きを読む

関連記事

61式エッチングの貼り方

いやあ、ハルヒ、そう来たかあ。
いきなり新展開の急展開で面白いですねえ。
統合思念体の創造した有機生命体インターフェイスが学級委員長から彼を守るとはねえ。
え、ちゃんと説明しろ?
「すいません、禁則事項ですぅ」w
と、アニオタだけにはつかみはOKですね。

あ、日曜10:00からのあだち充「クロスゲーム」はいまんとこお勧めです。
「タッチ」と変わんないんですけど、今度は女の子も野球やります。

で、本題です。
地球連邦61式戦車の砲塔ラックのエッチングですが、
取説では分かりにくいところ、
順番変えたほうがいいところ、
瞬着の使い方
について自分流のご報告をさせていただこうかと。
ご参考までに。

61式 取扱説明書
以後長文御覚悟よろしく

» 続きを読む

関連記事

エッチングにびびりセタに驚く

61式戦車 エッチング
地球連邦軍61式戦車の車体部分、デフォルトの工作はほぼ終わり
砲塔周りに入ったわけで、チョチョイノパ(←激しく昭和)でできる予定が
エッチングはさすがにすり合わせが必要です
それでもプラパーツの制度が素晴らしいので、落ち着いて、深呼吸してすり合わせをし、ピンセットで適正な位置に落とした四隅にWAVEのX3G高強度瞬着を滴下してやればエッチングも貼っていけます。
でも、ここまでお気楽にあっという間にこれてしまったのとは違い、求められる工作練度が急に跳ね上がります。
ですから、こんなものにこだわらないで「エッチングなし!」としたほうが、
楽しく作れるかもしれませんね。

なんてなことを思いながらTVをつけたのですが

» 続きを読む

関連記事

リンクしていただき、61は進まず、カウントダウンは進む。

まずはリンクのご報告。

やまやまさんの運営しておられる「PlasticJager 」さんとリンクさせていただきました。
聖地ご出身で道内在住というなんとも親近感のわくアドレスであられまして、AFVを中心に製作されてますが、かなり本気な自転車乗りさんでもいらっしゃいます。

また、腹ペコ山男さんの運営されている「腹ペコ山男の食い倒れBlog」さんともリンクさせていただきました。今回の中国AFVの会でも入賞を果たしたつわもので、1/35のフィギュアを中心としたビネットはフィギュアたちの息遣いが聞こえてきそうなリアルさです。

おふたかたとも、リンクのお申し込みどうもありがとうございました。
これからも、またよろしくお願いします。

で、自分のほうはどうかというと

» 続きを読む

関連記事

61式はもうすぐかな。

61式戦車 フェンダーなし
私はフェンダーなしでつくるので、結構手間のかかるほうを選択しているのですが、それでも時間がかからないでできそうです。
ダメージ表現やら、自分で乗せる荷物をどうするかは泥沼の予感ですが(汗)

» 続きを読む

関連記事

セモベンテは堺すすむで。

さあ、ザクもひと段落。
細かいところは時間があったらと言うことで、とっとと連邦の61式戦車にかかりましょう。
バンダイのハードグラフシリーズは高いけれども量販店でも売っているので、2割3割当たり前なところが嬉しいです。
どうせならばヤマダ電機だけでなくビックカメラやヨドバシも郊外店化して、うちの近くに来てくれるともっと嬉しいんですが。いやいや、贅沢は言いますまい。
セモベンテの溶接跡

» 続きを読む

関連記事

一息入れます。

61戦車 ディープパーポー
ザクは油彩も乾いていなかったのでスプレーはまた明日。
その間に次の獲物の連邦軍61式戦車の下ごしらえ。
砲塔周りの本格的工作は明日からするとして、今日はとりあえずお約束から。

サフを吹いてからパープルを吹いておきました。
いよいよ明日は砲塔の工作、今週中に工作は終わらせるぞ!

何で今日しないのかっていうと、周辺データの整理やらフラグインのパーツやらHTMLやらで疲れちゃった。

» 続きを読む

関連記事

ザクヘッド塗り終わり?

ザクの頭はラッカーで缶スプレーを吹き、そのあとラッカーの筆塗りでブレンディング、
面積が大きいのでなかなかきれいにブレンドできず、筆目が残りました。
そこで油彩でのブレンドを上掛けします。
私の油彩パレットはこれ。
油彩パレット

» 続きを読む

関連記事

ザクの工作ほぼ終了。

缶スプレーを吹いたあとは、じっくりじっくりつつく様に叩くようにして筆でブレンドをしていったザクの胸です。

開口ザク胸
オリジナルではザクのコックピットはスライドドアなのですが、私はオレ設定で上下オープン型にしてしまいました。


» 続きを読む

関連記事

長谷川の静岡新製品とザク

昨日のタミヤに引き続き、静岡ホビーショーでの新製品お披露目を探しておりましたら、長谷川の静岡用サイトをめっけ。

まずは新金型1/32ショウキ
しょうき

32大戦機って手にしたときの豪華感が絶妙なんだよなあ。
おもすぎないし。
どストレート、ノンディテールうpで作ると気持ちいさそ。
お次は1/350の長門ですか。ハセガワも350ですか。
あたしにはむり。
そして1/48のマクロスプラスYF-19
うわー凄いんだろうなあ。
みんめい

でも、ミンメイ似てねー!!

» 続きを読む

関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析