1. Top » 
  2. 2009年03月
google

二本の動力パイプ

昨日買ってきた水道フレキパイプがちょうど良かったので
左右とも作業を進めました。
二本の動力パイプ
画像はザクの胴体が上下逆になっています。
芯を通して木パテでとりあえず繋いでいます。
いまはユランユランしていてこれ以上触れません。
明日まで硬化を待ちます。
木パテだからこうして書いている間にも硬化しているでしょうが(笑)

それにしても、模型で大きいほうのパイプカッターを使うとは思わなかったー。
パイプカッター
関連記事

水道用フレキパイプ

水道用フレキパイプ
この水道用フレキパイプ、北海道のDIYショップ石黒ホーマもといHomacで400円弱でした。
売り場で会った近所のおぢさんに
「おう!ゲンチャン、そったらもん買ってなしたのよ。
水道自分で直すンか?」
と聞かれたので
「いや、自分いま1/35のザク作っててぇ、
その動力パイプにこのフレキシブルパイプがちょうど良いんでないか
と思って買ったのさー」
なんて言えるわけもなく、華麗にスルーしてきました。
「ねえ、あなた今日カレーにするー?」
と言われてみたい、年度末。

パイプカッターで「ぐりんぐりん」して小口を落として、ナットをはずし、曲げます。

そえてみると、
ザクの動力パイプ
なんちゅうか、迫力が出ます。
動きが出ます。
でも、スケール感はぶっ飛んじゃうんですよー。
なんか1/1のこういうおもちゃに見えちゃいます。
でも、まあいっか。
あとは継ぎ手とどうやって繋ぐかだなあ。
関連記事

脇と腰ジョイント

35ザクの上半身スクラッチもいよいよ大詰め
35ザクの脇
こうしてみると脇の下周りがディテール的になんだか寂しい。
ブルーベリーなザクの脇
アップで見るとブルガリアなブルーベリーなあたりがw
250グライフ
今日の餌食は250グライフです。
もったいないとも思ったけれど、あとまだ同じものが5個もあるし、作らないのがもっともったいないと思ったのでパーツ取り
250のボンネット切り
今日はカッターでちょん
グライフの付いたザク
左右の脇の下につけます。

そして上半身の一番下の部分にも何かディテールをつけます。
自分の中ではここは、真下に核融合炉があって、そこからエネルギーを受け取るところでありつつも、ジョイントでカチリと外れるみたいなイメージをしています。
ザクにケロロ
いつものようにケロロロボのパーツをペタリ

あとは腹の前のホースジョイントから背中のランドセルにつながる、動力パイプをどうするかですね。

なまら模型工房に72 Fw190をUPしました。
関連記事

「かーく@もけい」さんとリンク

カーク三等陸士さんが運営しておられる「かーく@もけい
と、相互リンクさせていただきました。
カークさんはJMCでも受賞され、模型誌にも掲載されるとても腕の立つ方。
61式を作っておられるのをググッて知った私でしたが、
さかのぼるとカーロアルマートもこだわりの作品。
なかなかしびれます。
そしてなんと、今回静岡では南北モデラー連合という卓で一緒に展示させていただけることになりました。
静岡で、ブログでよろしくお願いします。
関連記事

ザク・ランドセル

61式で行くとは言ったものの、やはり手のかかる子の事が頭から離れずに35ザクにもどってみる、土曜の午後。

次の大きなブロックは、ザクのランドセルです。
どうやって四角いブロックから、バーニアが生えたものを再現するかを考えます。
それでも、このザクは背中をつけて倒れる予定なので、あまりこだわるひつようはありません。
戦車の車体をあててみたり、戦闘室をあてがってみたり、いろいろ悩んでいました。
エンジンみたいなもんなんだよな~
エンジン、エンジン、エンジン、
あ、
そういえばお友達の手稲区在住のテイネリアン(別名kurukuruさん)が
「エンジンはヤクルトエンジンざます~うひょひょ」
といっていたのを思い出し、背中に当ててみると
バッチグー(死語)
ザク ランドセル 
ありがとうkurukuruさん、ありがとうテイネリアン
グレーのトレーナー着てロードワークに出て、町を見下ろす小高い公園で叫んじゃいます。
「テイネリアーン」
えいごりアン
あ、これはまた別ですか、そうですか。

ヤクルトってこんなに美味しかったっけ、と思いながら容器欲しさにショウガナクw、
二本を一気にあけました。
うちはヤクルトでなくてカツゲン派だったしなあ、
ヤクルト ランドセル
んで、その二つの大型エンジンの筐体部分の天板になるのが、先代パンターの機関室パネル。
先代パンターもこうして無事、天寿を全うし、成仏してくださったのです。
してないか。
old panter
でも、これで場所ができた。
なに買おうかな~ムフフー。
関連記事

61式、進行方針

今日もバンダイの1/35UC HARD GRAPHの
M61A5 MAIN BATTLE TANK、地球連邦軍 61式戦車5型について考えます。
この戦車はパーツを選択できます。
特にフェンダー周り。
サイドフェンダーや上を覆う装甲を選ぶか
(親指近くの排気口周りに引けが見えるような気がするのは、きっと気のせいです)
61siki,sidefender2

何もない形で、装備品の一つ一つが見えるタイプにするか。
61siki,sidefender


未来戦車としてならば、サイドフェンダーつきがかっこいいかな。
でも、今回私の作ろうとする61式戦車回収車(←自分で勝手に命名w)は
前線で酷使され、戦車としての使用に限界をきたしたために回収車にされたものなので、
装甲の類はできるだけそぎ落とした形で行こうかと思っています。
それならばタイヤのゴム部分をもう少し傷つけましょうか。
フェンダーもダメージ表現をしたほうがいいのかな。

もう暗いから、明日ね(汗)
関連記事

61式戦車再開

買ってきて 、はじめたっきりの61式戦車でしたが、ちゃんと始めます。
そろそろ平行していかないとジオラマ迄持っていくのに時間が足りないような気がしたのです。
とはいえ、実は戦車にはしない予定。
photoes 1787

ザクの肩に使ったときにもったいないお化けが出そうになったアクションベースも
ちゃんと使ってクレーンにしようかな。
もちろんツインクレーンにw。

もうひとつ、なんとなくはじめた、タミヤの1/100ジェットシリーズのコルセア2.
のんびりゆっくりと98%カッターナイフと紙やすりで筋彫り筋彫り。おおむねOKと思ったので
photoes 1789
あとは吸気口の修正かな。
壁のように突き当たりになっているので、ゆるいテーパーで奥行きをとめましょうか。
何せ、奥にはしりもち防止の銀玉が入っているので、ただの開口ではうまくないのです。
ドリルで穴を開けて、彫刻等で広げて、そこにポリパテをつめました。
でも、穴の開いたところにポリパテを詰め込んでも、暖簾に腕押し、ぬかに釘。
向こう側まで突き抜けちゃいました。
photoes 1790
まずは木パテあたりで奥行きをとめてから、もう一度ポリパテを充填してみましょう。
関連記事

合体

photoes 1783
スタンバイOK
ドッキングサーチャー同調5・4・3
Bパーツどうぞ
photoes 1786
コアチェンジ、ドッキングゴー

ガキーイイイン!
photoes 1785

ないない(笑)
冗談ですよ。
この線はYahooブログで凄い人がやってるんだから。

そろそろ61にかかろうかと思って
いろいろとてすつ
それにしても君 カメラ目線


関連記事

moppulogさんとリンク。

moppulogさんにリンクを貼らせていただきました。
もうひたすら誠実に粛々とAFVをつくられています。
その態度は実に謙虚なのですが、とてもお上手です。
かなりの手練。
リンクのギャラリーはレベルの高い作品でいっぱいです。
ぜひ一度ご覧ください。
関連記事

トミレリ4号戦車

先日の例会の帰りにBeagleさんから「箱ナシで良いならあげるー」と、お土産をいただいちゃいました。
イタレリトミー
ひとつは先代のタミヤ4号H型、もうひとつはトミーイタレリの4号
ありがとうございます。
これをヤフオクにアレして、億万長者ぢゃー、はーっつはっつはっつ。
はあ~、ちょっと虚しい。

で、もうひとつ、これは模型屋さんで購入した車のキット
有井の1/32オーナーズクラブのブルーバード1200と
ブルーバード1200
同じく64グロリアパトカー
多分パトカーにはしないけど。
グロリアパトカー
私はこのシリーズが大好き。
でも、じつはいまだにちゃんと完成したためしがなかったりして。

89スカイラインも、タコヤキミラも、クラウンパトカーも切り刻まれました(爆)
どうせこの二つも切り刻むんでしょ、とかいわないの~♪

1/32オーナーズクラブ
このシリーズ取説の裏が宣伝になっていてフルコンプしたくなりますー。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析