1. Top » 
  2. 2009年02月
google

1/100コルセア

koruseatu-
タミヤのコンバットプレーンシリーズです。
BMの方たちは皆さん筋彫りとかすごいのですが、あたしはどっちかっつーとAFVなひとなのでそういうテクは皆無だったりして(汗)
できたらいいなあ、やってみたいなあ
と思ってナイフを握ったわけで
出来具合は残念なのですが、カメラのピントを合わせるテクも残念なわけで
それはよかったなあ(笑)。
でも、こういう作業ってなまらアルファー波~
関連記事

L6高過ぎ

タミレリのL6の値段がタミヤのHPに出てました。
4.5k越え(汗)
小さい車両なのに値段が高すぎです。
買いますけど。
タミヤのボッタクリかと思ったけど、イタレリオリジナルで海外で五十弗越えらしいのでそうでもないか。
ということは、イタレリ強気ぃ!
スタッグハウンドのように資料本在中らしいので、ある意味しかたないですね。

» 続きを読む

関連記事

ここまでのあらすじ(ザク頭)

photoes 1591
バンダイのランバラルセットに入っているザクは頭とその基部、首まででです。
photoes 1592
せめて胸くらいまではほしかったので、首の基部にプラ版をあてがって幅の寸法の基準にして箱組みします。
photoes 1593

photoes 1557
箱組みの中の両側面には動かなくなったウォークマンの基盤を貼りこみました。
photoes 1558

photoes 1559
出来上がると洗車機みたい(汗)
photoes 1561
その中には昨日の記事でのコックピットを入れるのですが、その元パーツの画像はこんな感じ。
photoes 1567
つぎは1/35ブレンガンキャリアーのパーツをゴニョゴニョしてこんなものを作ります。
photoes 1566
正面奥のどんずまりに張ります。
photoes 1571
軽く油彩でウォッシュして、白のデルマトグラフでドライブラシみたいなチッピングみたいな。
photoes 1572
貼ってしまうとこんな感じ。
photoes 1573
補足すると、両サイドやすりで緑地が出ているのはブレンガンのフェンダー、
それに内側から張り付いているのはバイファムのトランファムのライフル。
その奥にはウェーブの別売りバズーカ
天辺の小リベットの付いた、多角体のパーツは同じくブレンガンの車体下部
もうこの状態で先に張った基板は見えなくなってしまいました(汗)

ハイそれじゃあ、次回はこの続きをやりまーす。
両肩のアーマー部分かな。
関連記事

コックピット

photoes 1588
ザクのインテリアをつくり始めます。
オリジナルの設定とは大きく異なりますが、自分の気分優先でつくります。
ベースとなっているのはタママロボMK2の上部
シートはアリイの1/32スカイラインGTRから持ってきて真ん中で切ってちょっとリクライニング。
あとはジャンクパーツの中からいろいろと。
ああ、シートベルトがまだでした。
気が向いたら明日自作するかもしれません。
photoes 1590
なまら模型工房で旧作UPしました。

» 続きを読む

関連記事

やぶれかぶれ

そうなんです。
連邦の61式戦車を作る最高の資料、イグルーのDVDをBeagleさんからいただきまして、何回か視てると61にからませるのはやっぱザクかなと。
でも、ランバラルセットのザクは頭だけで、まあせいぜい首までで
それじゃあ61式の一撃でザクの首が飛んだジオラマですかって、
それじゃあ もののけ姫の導入部で野伏せりの首を飛ばしたアシタカですかみたいな。
せめて胸までないと話になんないってことで、じゃあ作っちゃいましょうか。
だめもとなかんじで。
スクラッチに必要なのはミクロン単位の正確な設計図と(笑)
photoes 1527
作ろうとする気持ち(=展示会で目立ちたい気持ち)
さえあればもうできたようなもの
(ホント?)
スタイロフォームで荒形を出してポリパテで表面処理すればいいや と高をくくってスタイロフォームを瞬着で貼ろうとしたら

溶けました(汗)

じゃあポリパテで接着もしちゃえばいいかとやってみたら、
ハイもう皆さんお分かりですね

溶けました(汗)
photoes 1532

仕方ないからまずはプラ板箱組みですね。
(画像右は1/100ザクの胸です)

関連記事

61式始めます。

ガンダムの大きくて高い戦車です。
ネットでいろいろ見てみると、AFVモデラーが多く着手されてます。
あちこち手を入れられて、がんばっている方が多いようですね。
あたしゃ、がんばらない予定。
せいぜい楽しませていただきます。
なんもせんでもうここまできちゃうわけで
photoes 1562


あとになると筆やエアブラシが届かないところは、そろそろ塗り始めなければなりません。
あー、なんか今日はいいや(笑)

なんていいつつなぜか猛烈にジャンクパーツを消費ちゅー

photoes 1563


関連記事

HME日程決定

photoes 1545
今日は月に一度のノースフォックス霊界の日
photoes 1546
特に今月は48祭りということで、多くの1/48AFVが集まりました。
photoes 1548
詳しくはノースのHPで近日公開であります。
photoes 1550
ともあれ、タイトルでも申し上げましたように、今年の北海道モデラーズエキジビションの日程が決まりました。
photoes 1551
今年は8月22日(土曜日)と8月23日(日曜日)です。
photoes 1553
なお、まだ仮の案ですが、年少者への門戸を開くことも検討しております。
決まりましたらいずれお伝えしますね。
photoes 1555
この画像は缶バッヂ製作キットの使用レポートの様子。
photoes 1556
出来れば何かのイベントで使いたいと思っております。
関連記事

1/48 250/1

とりあえず出来ました。
TAMIYAの1/48 グライフ改造の250/1です。
昨日から進めたのは冬季迷彩の決めです。
いつぞや砂漠物の塗装方法できたきつねさんが水溶きパステルを塗って乾燥してからこそげると良い感じになると教えてくれましたので、私も挑戦。
冬季迷彩だから白を使えばいいはずー。
探してみると100均の小ぶりのすり鉢にてんこ盛りで白パステルが粉にして作ってありました。
グッジョブだぞ、数年前のオレッ!
早速水で溶いて塗ってみると、あれなんか微妙に泡立つしなんかハッカのニオイ。
いや塗装作業でのこのニオイってなんか

おええっ

う“-えづくなあ。
あ、これタバコライオンだ(汗)

photoes 1534

部分的にダマにもなっているしで乾燥したら落としましょう。
歯磨き粉を落とすのはやっぱ歯ブラシです。
歯ブラシでシャッツシャット磨くと粉が立って、吸い込んでしまいます。
そうするとまた

おぅえ“えええ

うー、そういえば私の小さいころお父さんが歯磨きすると決まってえづいていたのはこれと関係があるのか?無いですね。

もうこのあとはチョークを粉にして水で溶いて塗ってみたり、直接書いたり、エナメルの白だったり、ラッカーだったり、決まりなんてありません。ルール無用の悪党です。正義のパンツをみーせてくれ♪です。

そんなこんなで出来上がり。
photoes 1541

photoes 1542
ライトにはウェーブのHアイズをはめてみましたが、分厚すぎて出目金になったのではずしました。
photoes 1543

photoes 1544

いつかジオラマになる日が来るといいなあ。
関連記事

250再開

今週末が例会とのことで、持っていく物が無いことに気付き何とかしなくちゃだわさ。

一番完成に近そうなブツが250だったわけで。

photoes 1528

ハイ、タミヤのものです。
グライフを改造して250/1にしたもの。

冬季迷彩をやりかけてデカールを貼っていないことに気がついて、あわててクリアーを筆塗りして乾燥もそこそこに貼ってしまったり。
何でライトだけ接着しないでいたのか、塗装しないでいたのかわかんないなあ。
とっとと接着。

あとはMGシールドをつければ塗装に専念できるのね。
持ってみるとその小ささに こそばゆかったり。

photoes 1529

そういえばニュールンベルグのトイショーでのタミヤの35新製品は?号C型ポーランドらしいですねえ。
何でアフリカ戦線のF/Gにしてくんないのかなあ。

がっかり。

でもL6がタミイタで出るからいいか。
で、キリ番がリメイクものらしいとの噂にもがっかり。
関連記事

只だらだらと

ちょっと更新があいてしまいましたが、特に何かがあったわけでもなく、むしろ仕事は暇な感じで、それでも遊びに行くわけでもなく、模型作り倒すわけでもなく、只だらだらと過ごしていました。
あ、着々と買い物はしておりましたよー(笑)
そんな中からほんの一部のご紹介
photoes 1521
まずはマスターボックスの「焼けたフライパンから火の中への脱出」です。
これと対になっているロシアンタンカーVerの「ベイルアウト」ちゅうのもあるみたいですね。
photoes 1523
もうひとつがドラゴンの「バルチック・・・」なんちゃら
よくわかりませんw。
秋冬の東部戦線の装甲てき弾兵でしょ、なんかそんなのですね、たぶん。ウンww。

そして製作感の心地よさが評判のタミヤのJS-2
photoes 1524
JS2の特集記事の載ったアーマーモデリングがどこかにあったはずと思って探しましたがありません(汗)。買ったのを忘れてもう一冊余計に買ってしまったという話はよく聞きますが、その逆はちょっと聞きませんねえ。もうかなり来てしまったようです。
「よし子さん、お昼ご飯はまだかね。いやだわお義父さん、今食べたじゃ有りませんか。」が(滝汗)


関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析