1. Top » 
  2. 2008年06月
google

懊悩

時間的に間に合わないから、ゆったりと作って楽しんでいこうかなんて思いと、
いやいやガッツバリバリで気合入れて追い込んでいこうなんて思いとが錯綜している、今日この頃ですが、
静岡で思った「やりたいことだけはきっちりやっとくべきだった」という反省を思い出し、
追い込む方向で行こうかと思う方向に傾きつつあります。
普段会えない人たちと再び会うに当たっての礼を尽くすという意味で、
思いをこめてみようかと。
だからといって締め切りに間に合う可能性はかなり低いのですが、
いけるとこまでいっときます。
そうなると時間をどうやって作るかが問題になるわけです。
ネットとビールが問題なのですが・・・(汗)。
関連記事

粛々と

期限に間に合わなさげなムードで満々ですが、
それでも進めておりますです。
8tハーフはエアブラシを吹きました。
photoes 645


今回は前回よりは上手くいったかな?
でも、サフをブラシで吹こうとしたら蜘蛛の巣を張らせるお約束(爆)。
カップの中で塗料の濃淡があるようですね。
そのあたり自覚してからはそこそこになってきました。
砂漠チックに粉吹いてますが、ここから一度ウォッシングで半ツヤに持っていきたいなと。

シートの出来はちょっと嬉しかったり(へへへ)。
photoes 647

関連記事

アジトでドーラ

photoes 631

こんな天気のいい日にはサイロなバス停なんか眺めつつのドライブー♪
いや~ん、ほっかいどうでっかいどうー。
photoes 634

程なくアジトで迎えてくれたワンちゃん。

そうです、今日もドーラえもんさんのアジトでドーラの製作でした。
今日は手すりの製作ですが、これはこれでまた苦難の連続。
午後に行ってご飯食べてからの製作ですから、正味2~3時間しか出来ていないせいもあってあまり進みませんでした。
photoes 638


ほんとは今日でクレーンまで完成の予定だったのですが・・・う~ん残念。
特に私は日が翳ってきたら、老眼のせいでパーツが見えなくなってしまったのでシンデレラのようにお先に失礼してきました。

ドーレ君も頑張っていましたよー。
photoes 642

8tハーフはまだこんな状態。
photoes 643

マジでやばいっす(汗)。
最悪単品だな。
関連記事

ジャーマンタンククルー

photoes 628

ドラゴンの新作フィギュアです。
きたきつねさんともいっていたのですが、実はオーソドックスなスタイルの戦車兵フィギュアセットってタミヤの戦車兵休息セット以外なかなかなかったりします。
トライスターのタイガー戦車用戦車兵セットも良い出来なのですが、迷彩服Verで塗るのめんどいかったわけで。
いわゆるダブルの黒服の戦車兵フィギュアセットは、待ち焦がれていたとは大げさですが、出たらいいなくらいは思っておりまして、
しかもキャラメル箱じゃないGEN2ちっくな上箱下箱かぶせなボックスで、
六体入っていてお値段据え置き1300円はうれしいじゃないですか。
数箱押さえておこうかなと思ったけどお金がないからまた今度。
関連記事

昨年の88

そうです。昨年の北海道AFVの会に向けては88のジオラマを作ったのでした。
でも、その記事を見ると小賢しいネタの話ばかりで、88の丁寧な画像がありませんでした。
そんなわけでつたないながらもUPです。
カトーさんへの反面教師の意味もこめて・・・。
このときはシールド付を選択しました。
このだだっ広い四角は色で楽しく遊べます。
photoes 619

私の腕前でもきっちりさっくり出来上がるドラゴンの88です。
photoes 620

そしてこのキットの最大のおいしいところ揺架です。
photoes 622

エンジンがあるわけでもなく、武装があるわけでもないのですが、そのメカメカしさと言ったらありません。
もちろんこれだけの数のパーツのパーティングラインとゲートと押しピン跡を処理するのは時間がかかりましたが。

対するタミヤの88mm。
photoes 625


接合面のゆがみが全体のゆがみを招く、とても恐ろしいキットです。
でも、今の砂漠88はかなり改善されているらしいです。

ドラ8に比べるとかなりあっさりしたドーリー。
photoes 626






愚痴ってないで、さっさと進めなければなりませんねw。
関連記事

88工作終了

photoes 615

いやー、うちのタミヤの88ってこんなに手を焼かせるやつだとは思ってもみませんでした。
パーティングラインというよりは型ズレ、段差、
抜きテーパーにはカーブがかかっていて、チューリップハットかとつっこみを入れたくなるくらいでした。
ほとんどすべてのパーツの側面をカッターでかんながけです
(切れ味が落ちてガタガタになっているところ多数(涙))。
あ、でも今再販になってる砂漠仕様のタミヤ88はそのあたりは改善されているらしいとの噂を聞いたような聞かなかったような。
ともあれ97年購入のこいつは、とにかくなまらダハンコキで
なっかなかゆうこときいてくれませんでした。
しかも、最後の最後にハンマーとスコップが残ったので、取説を色々見直しても付け所がわかりません。
はじめから終わりまで見直していると・・・
そうです、伝説の名解説です。
photoes 616

すっかりミイラ取りがミイラです。

おー、かっこえー。
photoes 617

最近のAFVモデラーは箸休めに飛行機を作りたくなったりしたのですが、
photoes 618

7/13の北海道AFVの会までに仕上げなければならないのでこのまま行きます。



自分で書いといて何なんですが、
このダチョウ倶楽部的つっこんでちょうだいな空気は否定すればするほど深みにはまりそうですね(汗)。
関連記事

また恐縮です。

photoes 577

今回はこちらのジオラマを出品します。
photoes 578

T-28のジオラマです
photoes 579

T-28には被弾跡もないところを見ると、機械トラブルか燃料切れで放置されたのでしょうか。
photoes 607

整備兵が将校になにやら指示されているようです。
動くように直せといわれてるのでしょうか。
「えーッ、無理無理むりっす」
との声が聞こえてきそうですね。
photoes 591

横を行軍する歩兵たちも興味深々です。
photoes 590

photoes 592

騎兵も自転車部隊も興味津々。
photoes 596

でも、怖い顔をした憲兵が番兵です。
photoes 586

ロシアの農村特有の木の塀には自転車が立てかけられています。
photoes 580

photoes 581

photoes 584

キットでもさらっと再現されているインテリアにはプラ材で手を加えました。
photoes 613


ハッチのかんぬきや受け、取っ手も同様です。
関連記事

現実逃避

ティエレンをいじっていたのは
そう、逃げ出したいことがあったから。

8tハーフの安全帯とでも言えばいいのでしょうか、乗組員が落っこちないようにかかっているベルト。
photoes 603


その金具を針金で曲げて、それを入れる穴をピンバイスで開けて、安全帯を紙で作って、安全帯側からも留めのカギを針金で作って

ムッキー

ハアハア、乗り降りするクチが計6個あるので、基本的にはこれを6回繰り返し、部分的にとれたことにしたりしてるけど。
逃げたくなるでしょ?

ホントはこの金具の付き方はこうじゃないんだけど、なんかこんな感じだからオッケーさ。

で、ティエレンは一度ばらして目玉親父とごった煮
photoes 604


サフレスでタミヤアクリルをかるーく吹いて、ラッカーのつや消しを吹いておきました。
ぼちぼち進めますです。
って、いやいやそんな暇ないんだった!
DAK88を進めねば。
関連記事

1/100ティエレン

photoes 572

パチパチッと完成です。

パーティングラインもさらっと、ゲートの処理もチョロッとやっただけ。
接着剤も使わずにスナップしただけだから当然合わせ目けしもなし。

なまらたのしー。
photoes 573

ギガントカコヨス

バズーカ萌えー。
photoes 574



にしてもおおきいなあ。
photoes 575


パーティングラインをきちっと消して、合わせ目はパテ盛りして、面を出して、引けを処理して・・・なんてやってたら僕なら完成しないです(汗)。

さあてどう塗ろうか。

関連記事

霊界通信

今日は月に一度の例会の日
例会の場所の近くの小学校ではコケコッコ
photoes 551

その隣の消防署はカークイーイ
photoes 556

そのあとは色々でございます。
photoes 559

あのひとのすごいのや。
photoes 561

このひとのいかすのや。
photoes 563

photoes 567

ドーラももうひといきでございます。
photoes 569

北海道AFVの会にはお披露目するですよ。
もうひといきです。
ドーラえもんさん、がんばりましたね。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析