1. Top » 
  2. 2007年09月
google

峯雲 完成です。

    1. SHIP
  • 2007 09/30 (Sun)
20070930212650.jpg

ハセガワ1/700 ウォーターラインシリーズ 峯雲 完成です。
今回は塗装は少しきたなめにしてみました。
ラッカーで味わいを出して、明暗を多少散らして、
一度エナメルでウォッシング
その後ラッカーでドライブラシをしました。

カッターの中もちゃんとウッドと白でぬり分けました。

ミ・ネ・グ・モのデカールもニスのシルバリングを避けるため、一文字づつ切り分けて貼りました。
ところがここで大チョンボ

20070930212851.jpg

旧仮名遣いは右から書くのが正しいのでした(汗)。
次は気をつけます。

20070930212915.jpg

明日、完全乾燥後につや消しスプレーを吹いたらおしまいです。

とんでもない、うんこキットとの評判でしたが、いまの私はこれでOKです。

次は評判のピットロードがどんだけ良いのか、体験してみますね。
関連記事

北の艦船模型展

    1. SHIP
  • 2007 09/29 (Sat)
20070929230342.jpg

小樽いなきたビル5Fにおいて、船の模型の展示会が開催されると聞いてお邪魔してきました。
艦船ビギナーの私にとってはただもう唸るばかりの壮絶な作品ばかりでした。
そんな中でも、塗装の方法だったり、リニューアルパーツの使い方だったり、キットの素性の生かし方だったり、ずいぶんと勉強になりました。

そうして勢いもついた事ですし、先生に勧められもしましたので
「峯雲」工作終了、基本塗装終了です。
20070929230436.jpg

関連記事

早造りの神降臨

20070928221549.jpg

そうなんです、ヴィルベルビント工作ほぼ終了です。
これは割りと気楽に作れましたね。
ストレスもあまり感じませんでした。

銃口はデザインナイフでさらいました。
開口してるとぐっと雰囲気UPですね、と自画自賛です。
そうです自慢してるだけです(笑)。

明日は小樽の船模型展に行く予定なので、塗装はまだまだだな。

次は車にするか、飛行機にするか。
関連記事

缶スプレー

20070927224430.jpg

シュタイヤーは軽く缶スプレーを吹きました。
ええ、どうせそうです。下地は紫です。
おかげです観ながらだったので、今日はこれだけ(汗)。
関連記事

シュタイヤー工作終了。

20070926225130.jpg

ともあれ48ですから、そんなに時間かからずに完成に至ります。
明日塗装にかかれるかな?

昨日、寝る前に初雪は峯雲のキットのことを調べてみました。
初雪はタミヤのキットでは機銃を増加している儀装の状態で、開戦後になります。
そうなると魚雷発射管は楯付のものでなければならないそうです。
しかも開戦後は「ハツユキ」のマークは消されています。
だから、ありえない状態のものを作ったようです。
でも、自分的にはまったくノープロブレム。
かっこいいからいいのだ。

峯雲のほうはこれ以上ないくらいの うんこキットだそうです。
どれくらいなのか体感してみようと思います。
関連記事

初雪完成。

    1. SHIP
  • 2007 09/25 (Tue)
20070925222431.jpg

塗装も終わりました。
デカールも貼りました。
つや消しコートはどうしようかな。

このスケールの塗装の仕方はまだ良くわかりません。
なんとなくエナメルで適当な色をウォシュしました。
おいおいつかめていくでしょう。
ともあれ駆逐艦の魅力にグロッキーです。
ゆるゆるですが、フルコンプを目指そうかしらん。


そういえばドラゴンからハリコフ戦車教導師団4号が出るのですね。
箱絵カッコエーーー。
関連記事

初雪工作終了

    1. SHIP
  • 2007 09/24 (Mon)
20070924221643.jpg

ここまでできました。
自分で言うのはなんですが、かっこいいです(爆)。
いやーなまらかっこいいわ。
ざぶーん、ざぶーんと脳内では波頭を蹴立てて進んでいます。
20070924221721.jpg

でも、このフネ実は嵐で大波食らって艦首がぽっきり折れちゃったとものの本に書いてありました。
って、ダメじゃん(汗)

あまりにビンビン来たので、しぞーかのフリマで買った長谷川の峯雲も作ってみたくなりました。

20070924221753.jpg

ヤスリでささくれてわかりにくいですが、のっぺらぼうの艦橋。
20070924221820.jpg

ついかっとなって、レーザーソウで切込みを入れて、
20070924221849.jpg

伸ばしランナーで窓枠まで入れてしまいました。

認めたくないものだな。
若さゆえの過ちというものを
(若いんかい!)
関連記事

いやどれかにしようよ

20070923204646.jpg

と言われてもしょうがないくらい混沌とした机の上ですが、サラマンダーのおなかはこんなもんかな?
そろそろ緑をぬりましょう。
スタイヤーは昨日と変わらず、その下の戦車は遅れ気味。
本当ならば今日中に組み立てが終わっていなければならなかったところです。
もっとがっつんがっつん行くつもりだったのですが、ぬる~っと過ごしてしまいました。
ああ、明日は休みじゃないんだった(汗)。
関連記事
  • Genre:

アカの72Me262

20070922222512.jpg

今日お店でアカデミーのMe262を買ってきました。
箱絵は後ろのムスタングのデッサンが激しくくるっていますね。
いいんですけどね。
20070922222532.jpg

マーキングパターンが豊富でなんと12パターン。
どれにしようか迷ってしまいます。
20070922222556.jpg

パーツはいいんじゃないでしょうか。
それでも詳しい人が見ればやっぱり残念なのかな?
私的にはOKです。

20070922222657.jpg


あれ?アカデミーのロゴってこんなんでしたっけ?
関連記事

サラマンダーのおなか

20070921222018.jpg

一見だいぶ進んだように見えますが、手で隠れたところや頭のほうはまだほとんどぬれていません。
感覚としてはおなかの50%くらいが終わったところでしょうか。
一枚目の画像ではそれなりに見ることが出来るのですが、
本当のところは、このように
20070921222042.jpg


てっかてかです(汗)。
ひかって見づらくてしょうがありません。
それにしても時間がかかります。
叩き塗りよりも絶対時間がかかっていますね。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析