1. Top » 
  2. 2007年06月
google

しなをつくるな!なよなよするな!

20070629235214.jpg

88ジオラマのフィギュアたちはもしかしたら間に合いそうな予感です。

問題は頭の中で思っているストーリーが、現実に展開できるかどうかです(汗)。
20070629235241.jpg

今回の主役はこの二人。
GEN2第一弾で、みんなが買った、かったけどあんまり作られていない
「コルスンポケット」の中から横になっている二人をチョイスしました。
上体は二つのパーツを張り合わせ、すそは4分割でしたけど、
はなからエポパテで埋める気でしたので、
多少の合いの悪さは気になりませんでした。
と、言うよりは88のうんこフィギュアのパーツ成型の後だったからかもしれません(笑)。
関連記事

えづきます。

20070628223813.jpg

ジオラマに使おうと思って、ダイソーのアロマなポプリを買ってきました。
そのままでは香りが強すぎると思い、少しだけでもニオイを散らすため箱を開けています。
その上で臭いをかいでみると
まるで、ハゲヅラの牛乳瓶めがねステテコ かとチャンもーど で

おえ~

全力でえづきます。
AFVの会場でもえづく人続出です、きっと。

人は一人二人と出来てきました。
デザインナイフの歯を気前よく使って、旧タミヤパテを気前よく使っています。
20070628223907.jpg

関連記事

プラの材質

20070627223548.jpg

この土日にフィギュアの塗装を一気に仕上げるとして(出来るかどうかはわかりませんが)、
そうするには木金までにフィギュアの工作が終わらなければなりません。
このキットは私も何度もゆってますし、そもそもみなさんご存知かもしれませんが、
プラの材質が史上最悪でして、
カッターでかんながけをすればガタガタになる、
ヤスリをかけるとささくれる、
ナイフでそいだらプラがやわらかすぎで歯が食い込む
と、どうしようもないダハンコキです。
そんなダハンコキのパーツ処理はかなり大変なわけでして、木金までに出来る自信はかなりありません。

今回は珍しくつや消しを吹かないでみる予定の88であります。
タイヤだけはフラットベースを筆で塗って艶を消しました。
20070627223614.jpg

関連記事

88用フィギュア

20070626223052.jpg

88mm砲に合わせるフィギュアの服装は、防寒リバーシブルアノラックにしたいので
同梱のフィギュアセットを使います。
でも、フィギュアのヘッドが
20070626223130.jpg

こわ~(汗)。

微笑んでいる人いないの?

20070626223156.jpg

ああー、いいかんじですねえ。
でも、画像では解かりにくいですがかなり大きすぎです。
この人が入っていたのは6063のアフリカコープスセット。

20070626223223.jpg

色々探すと、ありました。
求めているのにぴったりの、細面で、じじいじゃなくて、微笑んでいて、ドラゴンにしては小さい頭。

20070626223248.jpg

20070626223306.jpg

6111の戦車教導師団。
箱絵が日に焼けてボルちゃんの絵がもったいないです。
ドラゴンは61○○番台がベストな時代でしたねえ。
関連記事

88ジオラマベース。

20070625221042.jpg

ダイソーの額縁材で四辺を作り、ダイソーの発泡スチロール板を乗せて、ダイソーの軽量紙粘土で盛り付ければ
20070625221108.jpg

大雑把なかたちは完成。
ただ、ダイソーの発泡スチロールはベースには華奢なので、カラーボードというダイソーのスチレンボードのほうがいいかもしれません。
砲のほうは実際にアンカーのパーツを地面にめり込ませたので大丈夫だと思うのですが、揺架は置いただけなので真鍮線を打ち込む予定です。
関連記事

霊界通信


昨日は月に一度の楽しいあの日。
ノースフォックスの例会の日でありんこ。
20070624151621.jpg

Beagleさんはフィギュアをごっそり作ってきました。
両手の指の数以上は数えられない私です。
20070624151644.jpg

W田さんは戦車も端正でハンサム。
綺麗なのにリアルです。

20070624151713.jpg

そしてモデグラにも載ったあの車はボクサーさんが持参されました。
車に詳しくない私にも凄さが伝わってきます。

20070624151746.jpg

隣に立っているお姉ちゃん、現場でも凄いと感じていたのですが、画像であおりで見ると生きてますね。
息でアクリルケースが曇りそう。
20070624151837.jpg

そしてOZさんのロシアンタンク。
私もツボなのですが、高価すぎて手が出ませんでした。
AFVの会でのジオラマ化を期待しております。      是非。

他にもすごいのが沢山会ったのですが、手振れだったり撮り忘れ立ったりで私の画像はここまでです。
近々UPされると思われるノースのHPにはちゃんとUPされると思いますので、そちらもご期待ください。

例会に参加したおかげで、AFVの会に向けてのエンジンがかかりました。
でも、ガス欠じゃあどうにもならんので、
今日はまったりと黄色くて泡の立つ「燃料」でも補給しますかああ。
関連記事

レイアウトちう

20070622224718.jpg

8割方塗装も終わったので、後はベースに固定したうえで塗装していきたいと思っているわけで、
どういう置き方をしたら、思い描いているストーリーが綺麗に伝わるか悩んでいます。
テーマは88な訳ですから、左右の揺架なんぞ切り捨ててしまったほうが
すっきりするのはわかっているのですが、
このドラゴンの88の素晴らしいところ、見ていただきたいところは揺架の複雑なメカニズムでもあります。
ならば、88をセッティングするところにすればそのあたりの悩みは解決するのでしょうが、
やりたい話がガチに決まっていますので、
ストーリーが曖昧になることも覚悟の上で、行くしかないような気がしています。

ちなみに土台のシロ箱は、
藤野方面からいただいた、
モデラーズカップの景品、1/100MGザク?レッドクリアーバージョンです、と自慢したりします(笑)。
関連記事

例会に間に合わせたいです。

20070621221130.jpg

今週末は例会なのでマーダー3にけりをつけて持って行きたいところです。
装備品、キャタピラ、エキパイの塗り分けを軽く終えて、全体にドライブラシをかけました。
そのドライブラシが普通じゃないかもしれません。
えーと、
キャラクターイエローだったり
ピンクだったり
水色だったり
を気分にまかせて部分部分適当に施します。
何でピンクとかなんで黄色なんで水色って聞かれても困ります。

そんなこと
空に浮かぶ真っ白な雲に聞いてくれ、
果てどなく押し寄せる波に聞いてくれ、
真っ赤に燃える夕日に聞いてくれーーーーー。

暑くて壊れたかな、俺。


もう少しでつや消し吹きます。
関連記事

僕の模型力

今月のアーマーモデリングの巻末で曹長さんが、
「エッチングパーツを使った工作をし、
丁寧に塗装をしているのに模型力が低い作品がある。」
みたいなことを書いていたような気がします。
20070620222040.jpg

パーティングラインを消していなかったり(第二転輪ゴム部)
転輪の水平垂直が出ていなかったり
は基本工作の程度が低くて模型力が低いようです。
20070620222106.jpg

転輪がちゃんと接地していなかったり
奥まったとこまでちゃんと塗っていないのはもってのほかですかw。

でも、それで笑ってもらえるなら僕はそいで良いや(笑)。
って言うか、曹長さんがそんな意味でゆってるわけではないことは
勿論の事でして、茶化したり揚げ足取ったりしちゃあ いけませんでしたね。

あ、そもそも私 エッチングパーツ使ってないし、がーーーん。

今日の88はこんな感じです。

20070620222132.jpg

関連記事

ひとめぼれでした。



それはひと月まえのこと、



あの大きな建物の中で



ガラスの向こう側に立つ君に僕は心を奪われました。



君を見た瞬間から僕は君のことしか考えられなくなりました。



周りの音は聞こえなくなり、周りのものは見えなくなったのであります。



でも、君はぼくだけのものじゃあなかった。



それに気がついた僕はそっとその場を離れました。



そんな君と、こうして再び会えるときが来るなんて。




ケロロロボMk?であります。
静岡ホビーショーのバンダイのショーケースで見て痺れたであります。
20070619221121.jpg

差し替えなして飛行モードに変形であります。
20070619221351.jpg

なまらオモシロス。
この路線はもっともっと進めてほしいものなのであります。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析