1. Top » 
  2. 2006年08月
google

お~い、おまいら。

20060831230241.jpg

ペンキの塗りっこなんかで遊んでないで、わしの機体の塗装をちゃんとしてくれんかね。
全部ちゃんと白く塗ってくれないと目立ったしょうがないんだよね。


という感じのものを作ってみました。
これで完成です。

万障繰り越してきていたので、しなくちゃならんことで一杯。
それにしても疲れました。
関連記事

一応完成

機体はラッカーで塗ってから、つや消しスプレーを吹き、その後ダイソーアクリルの白で薄くなでました。
つや消しスプレーを吹いた瞬間
「あ、キャノピーをマスキングしていない!」
と、思ったのですが、ガラスが入っていないのマスキング要らないんでした。
そういえば風防左右前縁の三角ガラスの再現を忘れましたね
20060830230111.jpg

記号としての雪を紙粘土で表現、お寒い出来ですが記号でご勘弁を。

この後出来ればニャンコたちを作りたいのですが、明日の職場の昼休みで完成するのでしょうか?


関連記事

絶対泣くぞ。

20060829214105.jpg

いかにも魚眼レンズで撮ったかのような画像ですが、とても普通のデジカメです。
20060829214524.jpg

でも、これを見て、
プロペラのピッチや長さや角度がおかしいとか、
あちこち処理が雑だ、だとか、
水平尾翼の位置が高すぎるとか、
左横の吸気口が土管みたいだとか、
そゆこと言ったら絶対泣きます。

でも僕泣いてから強いタイプ。
両手滅茶苦茶振り回すわ噛み付くわ泣いたら手に負えないタイプ。
たいていは相手も泣いちゃうの。
だからそゆこと言わないでね。

両方泣いたら仲直り出来ちゃうんですけどね。
関連記事

かなりきびしー。

今日は裏面の工作が中心ですた。
20060828224810.jpg

脚注はプラ材と金属の混合。
ラジエターはプラ板を瞬着で接着。
タイヤハウス周りは処理が雑だけどもう時間切れ。

あとは各パーツの接着。
と、その前にプロペラの削りだしと猫たちのスクラッチ。
そういえばベース持つくんねば。
関連記事

撃墜王ハルトニャン

エキゾーストパイプは3mmプラ棒に切れ目を入れればそれなりになります。
20060827214040.jpg

あとはエキパイカバーをプラ板で追加しなければなりません。
パイロットにも乗ってもらいました。
空中3回転の得意な撃墜王ハルトニャンです。
20060827214115.jpg

プラ板積層で作った主翼をレジンに置き換えずにスジ彫りをしたら、バリバリと剥離します。
タミヤパテで埋めたところもスジ彫りと一緒に欠けます。
勉強になりました。
いや実はシリコン切らしてるんです。

本当は今日中になんとか主脚までは終わらせたかったですけど、さて木曜の締め切りに間に合いますかどうでしょう。
関連記事

あしたしだいです。

胴体には全体にスジ彫りをほどこし、計器盤をそれらしく貼り付けて、機関砲を金属パイプで表現するところまで行きました。
20060826230500.jpg

胴体はあとはエキパイをつけて、コクピットをもう少しそれなりにして、あごの吸気口を工作しなければなりません。

主翼は形出しだけ出来ていますので、面を整えて、スジを彫り、胴体に接着。
翼下面の排気口を工作します。

主脚はタイヤの荒削りが出来た状態なので盛って削りを繰り返し、
幸いこの冬季迷彩Verでは、足カバーは取り外した形でOKなのでその分は一安心。
脚柱はプラパイプで行くべきか、手持ちの金属線は揃ってないのよね。
水平尾翼は出来ればラダーは下げた状態にしたいところ。

後はニャンコの工作です。
ここまで明日のうちにできればあとは塗装はなんとかなるんですけど。
関連記事

プラ板じゃなくておなか絞る?

ええ、そのほうがいいのはわかっています。
こう見えて私、脱いだら結構凄いんです、別の意味で。
聞きたくないですか。
じゃあ、プラ板絞った話にしますね。

昨日のうちにレーザーソウと糸鋸で本体から切り離しておいたキャノピーを型にしてヒートプレスをしました。
それで出来上がったものを窓枠になるように切り抜いていきます。
ヒートプレスは思っていたよりずっと簡単だったのですが、デザインナイフでくりぬいていくのがたいそう大変でした。
0.5mmプラ板を絞ったのでそこからさらに薄くなっており、楽勝だろうと思っていたのですが、考えが天地真理。
20060825232834.jpg

実は6月号のモデグラでMe109の特集をしていて、エンジンもインテリアもレジンで再現していたのを見て、今回のデフォルメメッサーでもやってみようかしらんと思っていたのですが、そっちの線はなんか違うような気がしてきました。
大変そうなことがやなだけではありませんようなそうでもないような。
関連記事

ヒーヒーいわしたんねん。

今日はおもに主翼の整形です。
プラ板を積層して、接着したらカッターナイフでカンナがけの要領で薄く削っていきます。
ヒーッヒーッていわさります。
20060824222752.jpg

とりあえず浮力の出る断面を出すよう注意して整形していきます。
増槽はボールペンのキャップにエポパテです。

キャノピー切り取ってあるからって塩ビで絞ると思い込まないでね。
するかもしれないけど。
関連記事

このメッサーが欲しい!

20060823215523.jpg

ニャンコがかわいいとか言っていた昨日でありますが、見れば見るほどこのメッサーが欲しくなってきました。
じゃあ作ってみましょう。

プラ板貼り合わせて工作・・・
20060823215549.jpg

失敗

じゃあ、バルサで工作・・・

20060823215616.jpg

失敗

ポリパテでもりもり

20060823215646.jpg

なんとかメッサーになりそうです。
ワークのポリパテ一本使い切ってまだ足りません。
随分と割高だなあ。
関連記事

黒猫のラッキー君

昨日はニャンコをスクラッチしようとしていたわけですが、
「それならキットで持っていたじゃないかぁ」
と別の自分が僕に言うです
20060822221016.jpg

スィートのワイルドキャット&フライトデッキクルーの中にはたくさん入っています。
20060822221043.jpg

確かに良い出来です。
飛行甲板からワイルドキャットからすべて作るときにはこのニャンコもいいと思います。
でも、144なんですよね。
ちいさすぎて愛も湧きにくいような気がするので、やっぱ自分でてびねりかなあ。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析