1. Top » 
  2. 2006年03月
google

立ち撃ちフィギュアいませんかー。

今、大戦初期の車両を考えていまして、ですから普通の戦闘服でライフルを撃っていただきたいのです。
20060331194507.jpg

そうですね。このポーズで結構ですので普通の野戦服を着てください。
20060331194620.jpg

ええ、それでもいいので普通に着て。
20060331194653.jpg

おお、かっこいい。頼むから野戦服きろよなぁ。

20060331195147.jpg

GEN2までそう来ますか。
関連記事

祝!再スタート

ノータランクラブというブログを公開されていたロクさんがブログをリニューアルされました。
タイトルも「無味乾燥de意気消沈」と変更になりました。
アドレスがこちらに変更になられましたので、お気に入りに入れられている方は訂正をお勧めします。
素組みでサクサクをモットーにがんがん作ってこられるパワーは見習わなければなりません。
今はトライスターの1号対空戦車にかかられて、先を越された感が強い私です。
20060330213235.jpg

ちなみに画像はフジミの立川KI-36 98式直接共同偵察機です。
1999年ころの作品です。
筆でやった迷彩が面白いでしょ?
日の丸や尾翼のマークはマスキングでやりましたが、缶スプレーだと塗膜が厚くなるのでキワがガタガタに持っていかれています。
関連記事

ヘイゼル、ガンダムマーカーで墨入れ

基本塗装も何もせずにガンダムマーカーで墨を入れてみました。
模型誌ではつや消しを吹いてからコピックなさいと書いてありますが、
つや消しを吹くとつや消し材の中に入り込んで取れなくなりそうなので、
プラまんまにいきなり書き込みました。
20060329210615.jpg

はじかれることもありませんでした。
コピックも大丈夫でした。
もう少しぐぐっと行ってみます。
ふき取りは即効ならばつば付け綿棒が一番取れますが、すぐに綿棒が真っ黒になってしまいます。
下地塗装が無いのでふき取りの自由度が高いです。

ガンダムってポリキャップのテンションが掛かるのでエナメルすみ入れは危険ですよね。
へたするとクラックが入ります。
そういう意味ではガンダムマーカーってごく自然な流れですね。
ただ、この手のふき取り溶剤って意外と強力なので、基本塗装をした上にする方はご用心です。
私はラッカー下地でもぺろりと持っていかれた経験がありますです。
関連記事

指レンズで1/700の74戦車

ダイソーじゃないですけど100円ショップで、指レンズというものを見つけました。
20060328205619.jpg

これさえあれば「しもきた」付属の1/700の戦車だって簡単に塗装できるでしょうか。
日の丸も書いて、「士魂」まで書いたり出来るでしょうか。
何ならフィギュアもスクラッチして、白目黒目も入れたり出来るでしょうか。
でも、それが出来る腕までは保障されていなかったりするんでしょうか。

「あぁ、ただのブログネタね」とは、思っても口に出さないでくださいまし。
関連記事

ハセガワ1/72飛燕です。

完成品は毎度のことながら20年以上前のものです。
デカールは割れ始めていますね。
取説も旧作のものです。
白帯は機体上面にはないのが正解のようです。
かっこよさ優先の確信犯だったと思います。
20060327214926.jpg

右は今の箱絵です。
上品で素敵ですが、茶色が渋すぎて私には大人すぎます。
今の塗装指示図には昔のパターンのはないようです。
作るときにはどれで行こうかなあ。
昔の取説とっておいて良かったなあ。
でも昔のとおんなじもつまんないしなあ。
関連記事

GUNDAM HAZEL CUSTOM

うちの模型クラブの中でガンダムニューキット対決をする方たちがいらっしゃるというので、隣の芝生がよく見える私は我慢できずに買ってきちゃいました。
20060326210209.jpg

アイテムはZのサイドストーリーの中での機体で、オリジナルではないようです。パーツ数は多いし、取説は複雑です。
20060326210240.jpg

キレイに折り畳めるほど、可動領域の多い肘関節なのに間違えて組み立て、接着してしまったので片方はあまり曲がりません。
ここから先は接着はしません。とりあえずは。
ゲート跡の処理だけをして、面出しもパーティングライン消しもしません。
塗装も今はいいです。
とにかくパチ組みします。
20060326210334.jpg

そしたら完成しました。
え~感想はですね
「つか、鬼楽しいィーみたいな」
ジグソーパズルを作っているみたいなサクサクと立体が出来ていく楽しみは快感です。
昨年私はガンダムシードエールストライクガンダムというものを作ったのですが、作りやすさ、楽しさはそれよりもさらに進化している感じです。
パチパチ組んで楽しめるというのは素敵なことですね。
この機体についてはまだ出来れば塗装などをしますが、今後も気楽にその日を楽しむためだけにサラーっと買ってきて、組むのを楽しんであとはほったらかしというのもガンダムの楽しみ方としてやっていきたいような気がします。
20060326210500.jpg

関連記事

空母艦攻隊 滝沢聖峰

コンビニブックでこの人の作品も売られているのを見て購入しました。
戦記物でこの人の画力を凌ぐ人はいないのではないでしょうか。
97艦攻の転戦記です。
20060325202623.jpg

はじめはモデルグラフィックスでの連載でこの方を知りました。
面白いし絵は上手いしなのですが、一時期私には理解できない世界の話になり、少し心配していました。
最近はまた中世のお話を展開しているようで興味深く読んでいます。

話は変わりますが、昨日コミックアワーズを立ち読みすると新谷かおるの連載が載っていました。
レイズというB17乗りのお話です。
昔の癖の強さも取れて綺麗な絵は魅力的でした。
B17のお話というまさにストライクゾーン、ワクワクして読み進めました。
でも、締め切りに間に合わなかったのでしょう、途中から鉛筆書きのコンテになってきました。
ペン入れのされていない絵をそのまま市場に出したのです。
情けなくってがっかりしました。
落としてしまった作家もいけませんが、
このまま本にしてしまう出版社のモラルにがっかりです。
関連記事

251/16

ノースフォックスの会内祭りでみんなで251を作ることになっています。
好きなところはみんな他の方に持っていかれてしまったので、改めて模型屋さんで物色してみました。
20060324211635.jpg

で、火炎放射型に決めました。いちおう。
20060324211725.jpg

車体もリベット型と溶接型の車体両方が入っています。
なんかもったいないですね。


20060324211936.jpg

251/16に決めた決め手は実はこのヘッドだったりします。
昔の漫画の悪者ですねぇ。
ジャイアントロボの悪者でしょうか。
でも、やわやわのソフビは辛いです。
関連記事

すこーしサボイアスパルビエーロ

気がついたときにはすこうし触っています。
今は淡い緑色で濃い緑の周りを埋めていっています。
20060323202847.jpg

ついでに白く塗り残されたところがないように埋めて行っています。
左がその作業が終わったところで右がまだ。
とはいえまた明日は別のものに手をつける予感なのでHMEに間に合わせば良いかなくらいに思っています。
でも、戦車はまだしばらくは手をつけません。
祭り系ですね。
関連記事

ブリティッシュトループス、カーン、1944

マスターボックスのイギリス歩兵です。
箱絵のかっこよさはグレードアップしています。
でも、今回は仮組み後塗装前の完成写真が裏面に出ていません。
やっぱりデカールで部隊マークにこだわっています。
20060322203211.jpg

20060322203311.jpg

中身はほとんどいつもと同じ感じですけど、確実に良くなってきています。
ディテールの切れが進歩してきているような気がします。
でも、やっぱ太めで大きめです。
画像に入っていませんがヘッドはいつもとほぼ同じ、
と思っていたらキレイに自然な笑い顔のヘッドがありました。
でも、やっぱ大きめです。
関連記事

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析