1. Top » 
  2. 2006年01月
google

タクティカルポッド リガード

20060131211215.jpg

二日続けちゃあ野暮なのは重々承知していますが、ダブルアップは忙しいのですよごめんなさい。
ゼントラーディ軍のリガードです。
今日もやっぱり合わせ目がアレでデカールはナニで、しかも足パーツの一部分は左右間違えて着けてしまっています。
でも私はこのデザイン独特で好きですよ。

箱の横を見たら
デストロイドディフェンダー
デストロイドスパルタン
アーマードバルキリー
などなど出ていました。全部分かりますか?
関連記事
  • Genre:

デストロイド・トマホーク

HOBBY SPACE JUNさんでは色々な祭りや流行があり、ダグラムやらザブングルやらボトムズやら皆さんで作っていますが、なかなか私はその波に乗れていません。
で、何だったら作れるの?って自分で考えてみるとここになりました。
20060130204010.jpg

あいも変わらず合わせ目も消していませんし、デカールは黄変してしまっています。20年以上前ですからね。
この高荷さんの箱絵で、合わせ目くらいは消せるようになったいまの自分で、もう一度作ってみたいとは思いますが無理ですよねー。
キットがありませんものね。
関連記事
  • Genre:

ドラゴンフィギュアの二人目です。

20060129203710.jpg

フローズンバトルフィールドの二人目です。
手首を切り離して銃にフィットさせ、親指は切り飛ばしてエポパテで作りました。

20060129204117.jpg


銃のスリング固定のためには針金を曲げて差し込んでいます。
スコップには銃剣を一緒にしなければならないのですが、銃剣がそれのみでの装備を前提としたつくりになっていてちょっと分厚いので、一緒にするのを躊躇しています。
このあたりGEN2での改善を期待したのですがかないませんでした。
はじめからスコップと銃剣が一体整形されたものの方がいいんじゃないかなあと思ったりしています。
関連記事
  • Genre:

? Ausf.B(Sd.kfz.142) TAMIYA

20060128211401.jpg


単品状態ではこれで完成です。
デカールを貼ってつや消しスプレーを吹きました。
もう少しつやを出したほうが良いとか、洗竿の先をまだ塗っていないとかは忘れなかったらやるつもりです。
こうしてみるとアスカブルーの紫味が面白い感じです。
20060128211434.jpg


今回は私にしては珍しくデカールを使ったと言うのが特徴です。
それが珍しく上手くいったんですよ。
ブログサーフ?をしながら見かけた方法を頭に入れといて半分忘れちゃってゆるゆるの気持ちでやってみました。
まず、水にドボンと漬けないで濡れティッシュの上にデカールを置いて剥離を待ちました。
のりが水に流れないのがいいような気がしますが、水分が少ない分、位置決めが難しいです。
あとはソフターを使ってこんな感じです。
20060128211508.jpg

曲がっているのは次回への反省として、シルバリングがないのは私的には大成功。
画像ではニス部分も判別できますが、実際は見ようとしない限りは分かりません。
ちょっとくっきりしすぎですがパステルワークでもしましょうか。
関連記事
  • Genre:

御礼五万ヒット

本当にありがとうございます。
ご覧に来ていただけている皆さんのおかげです。
これからもそこそこ頑張っていくつもりですので、どうぞ宜しくお願いいたします。
20060127214030.jpg

画像は三突です。
相変わらず代わり映えしませんがハッチや装備品の取り付け・着色をしました。
車幅表示の白帯はダイソーアクリルです。
ムラにはなりやすいですが、発色良くガッツリ塗れますのでAFVのマーキングなどにはお勧めでございます。
この後はいよいよデカール貼りです。
ビクビクしていますです。

何はともあれ、寒河江さんはいろんな意味で凄いと思った昨日今日でした。
関連記事
  • Genre:

ジョニーじゃないの?

20060126215621.jpg

ハセの72雷電です。
今日も旧作を引っ張り出して見ました。
新旧箱絵も比較しましょう。
手前が新作奥が旧作です。
機体のマーキングが変わっています。
すべてを書き直したのか部分的に直したのかは私の眼力ではわかりません。
これもやっぱり旧作を眺めるとおなか一杯になったのでまた今度です。
それなら買う前に気がつけばよかったです。
でもこれはフィギュアが欲しかったので買ったせいもあるわけですが。

機体は20年以上前のもので合わせ目消しもしていませんがすげー楽しそう。
アリかもしれないなあ。
関連記事
  • Genre:

再び三突です。

20060125212201.jpg

青々していたところにグリーンでウォッシング、ドライブラシを重ねると大分落ち着いてきました。
すこーしジャーマングレーに近づきました。
今度は少し黄緑過ぎる感じもありますが、
あまり気にしないで、塗装で飛んでしまった装備品を接着し、着色し、
ハッチをオープンの状態で接着してみようと思っています。
忘れ去られているフィギュアも思い出して工作してあげなければならないのは判っています。
分かっていますけどなかなか・・・です。
関連記事
  • Genre:

パンドラの箱。

20060124195653.jpg

これをあけるとすべての災いが飛び出してしまうと言う箱です。
私は現用は作りません。
私は自衛隊は作りません。
私はヘリは作りません。
私は船は作りません。
このタガが飛んでしまった今、恐怖におののく私です。

いったい何が起こったのか?ですか。
鋭い方はもうお分かりでしょうが、1/700「下北」を買ってしまいましたYO!
1/700の陸自車両はコマイ、コマイ。
視力が製作に追いつくか心配です。
関連記事
  • Genre:

TOJO 今昔

20060123213446.jpg

銀に緑のまだら塗りがしたくなり、鍾きを買ってきましたが今の版にはそのパターンのデカールはありませんでした。

記憶をひも解くために20年以上前の旧作を引っ張り出してみました。
このころは合わせ目を消すと言う概念を持っていなかったのでよく見ると色々あります。
でも、この塗装を楽しんで行った記憶がよみがえります。
割れ始めているデカールもインチキな組み合わせです。
それにしてもダイナミックな箱絵で今見てもワクワクします。

これを見たらおなか一杯になったので銀にまだらはまたにしまーす。
関連記事
  • Genre:

舌かみそう

20060122171700.jpg

ブレンドとドライブラシでエアスペリオリティーブルーを塗っていきます。
なんじゃその色ってアメリカ空軍現用の水色で、タカラのレベルカラーのNo74です。
何でそんな古い色を持っているのかって言いますと、おととしのHMEバザーで購入したものなのです。
一本50円くらいで買った記憶があります。

戦車のほうはこのあといよいよグリーンでウォッシングです。
ラッカーのウォッシングは、間違って筆を返すと塗膜がベロリといってしまうのでかなり恐ろしいです。
やっぱエナメルのほうがいいかなあ。
目立たないところで試してからにしますね。

毎日代わり栄えのしない画像でごめんあそばせ。
関連記事
  • Genre:

Page Top

 
  1. 無料アクセス解析