1. Top » 
  2. 72AFV
google

Mrウエザリングカラー

残り少ないマスキングテープなんかあげるから、そんなに唸るなよ
IMG_5494.jpg

って、上げてそうそうソファーの下に入れて取れなくなっちゃいましたw

噂のMrウエザリングカラーなど、色々補充したのですが、
噂に違わずウエザリングカラーいいですね。
IMG_5518.jpg

サンディウォッシュは35だとちょっと単調になりやすいかも。
72だと簡単にホコリで汚れたタイヤが表現できます。
(2つ目のタイヤ)
IMG_5520.jpg

溶剤を飼うのがもったいないので、私は上澄み液で拭き取りました。
サンディウォッシュは上澄み液も透明なのです。

グランドブラウンの方は色味もいいのですが、
乾燥後のマットな感じが素敵。

タミヤエナメルだとどうしてもじわっと嫌な光沢が出るのですが、
これはしっとりツヤが落ち着きます。
それだけ塗装面やプラを侵していないのでしょうね。

サンディウォッシュで拭きとった時も塗装面にはほとんどダメージがありませんでした。
残りの二色も抑えておこう、そうしよう。

ラッカー

いろいろ塗ってますけど、
IMG_5283.jpg

ラッカーは猫に嫌な顔されるんだよなあ。

こまったなあ。

機動戦闘車

あんなにクールにしっぽだけで子供をあやしていた母猫だったのに、
今は子供以上にはしゃいでいます。
途中から乱入の赤い首輪が母猫です。


牙も爪も子どもたちとは段違いに鋭く大きいのだから、近くにいると危なっかしくてしょうがありません。

ともあれ、アオシマの1/72機動戦闘車が着荷しました。
IMG_5048.jpg

さくっと工作終了。

IMG_5050.jpg

72と思えないほど精密です。
満足満足。
機銃は折ってしまわないように、塗装するときに付けます。

塗装はいつかそのうちねw

ネモであんなに苦労しているのに、AFVはさくっと行けますねえ。



それらしく

さて、猫ですが、

母親はうちに上がり込んでこのリラックス

IMG_3150.jpg

子猫の相手をするときはしっぽで遊んであげたり、授乳をしたりと大変なので
うちではのんびりしているようです。



私がその辺りを歩こうとすると、脚にからんできて進めません。
踏んでしまいそうになるし(てか一回踏んだw)
時によっては怒って靴に猫パンチをしてきます。

ご飯の直後でもそうやってくるので
子守をしろよと言っている気がします。(汗

子猫さえ確保してしまえば一山超すのですが、
そのために
物置の子猫の寝場所の箱をキャリーケースに替えました。
喜んでその中で寝ていますので、いつでも捕獲できます。

でも、こちらの受け入れ状態がままならず、
捕獲後は玄関を潰してこいつらのために開放しようと思っているのですが、
(もちろん玄関ドアは開放せずに閉鎖しますがw)
明日、100号の絵が帰ってきます。
玄関を明け渡すのはその後にさせていただきましょう。

PAC3エンジンはそれらしく塗り分けを進めています。

IMG_3158.jpg

もふもふ

猫達はうちの物置に引っ越してきてくれました。
これで多少は雨が降っても安心です。
でも、これから寒くなるのでうちの玄関にいれて、屋内で一旦確保、里親探しと行きたいのですが、
子どもたちはまだ私を怖がって近づくと物置の隅に逃げ込んでしまいます。
一匹二匹なら無理に捕まえることもできるのですが、
捕まえ損ねた奴がまたどこに逃げてしまうか、寒空で死んでしまうことにならないとも限りません。
あせらずに少しずつ仲良くなりたいと思っています。

それでも六匹もいると全部ほぼ黒猫とはいえ個性が出てきます。
食事時には極めて凶暴になり、唸りながら食事を誌、近くの兄弟の首筋に噛み付いて首根っこごと振り回すやつ、おっかなくて全然近づいてこれなくて、ネタフリして目を閉じている奴

でも、お母ちゃんのおっぱいはみんな大好き。


そして食事時以外はみんな仲良く固まって暖を取っています。

猫達にかかってはいけないので屋外でのカンサフは吹けません。
ランナー状態で吹いてしまおうかと思ったのですが、
筆でざっくりと塗ることになってしまいます。
IMG_3127.jpg

今月のアーマー、ライター陣もオールスター、さすが4号戦車特集です。


Page Top

 
  1. 無料アクセス解析